×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

独立開業を成功させるためのマニュアルサイト
独立開業大成功トップページ

成功する独立開業の立地

成功する独立開業の物件

成功する独立開業の店舗

成功する独立開業の集客
新規顧客編


成功する独立開業の集客
リピーター編


成功する独立開業の資金

成功する独立開業の経理

成功する独立開業の税務

運営者紹介

リンク

サイトマップ
5.成功する独立開業の資金




@店舗取得費と初期準備金について
・店舗取得費とは、文字通り、店舗を取得するために必要なお金です。
・保証金には通常、敷引といって契約が終了するときに差し引かれる金額がありますので、注意が必要です。
・仲介手数料とは、仲介した不動産屋に支払う金額で、家賃の1か月分が一般的です。
・あたりまえのことですが、家賃は借り始めたとき(契約した日)から発生します。
・改装には、3週間ぐらいかかります。営業が始まっても、十分な入金が無いうちにまた家賃を支払わなければなりません。
・心づもりとして、家賃も最初は2ヵ月分用意しておきましょう。



A資金調達先とポイント
日本政策金融公庫(旧国民生活金融公庫)
新規開業資金(新企業育成貸付) :新たに事業を始める方や事業開始後おおむね5年以内の方への融資。
資金の使いみち:新たに事業を始めるため、または事業開始後に必要とする資金融資額:7,200万円以内(うち運転資金4,800万円以内)
返済期間:設備資金15年以内<うち据置期間3年以内>
       運転資金5年以内(特に必要な場合は7年以内)<うち据置期間6ヵ月以内(特に必       要な場合は1年以内)>
信用保証協会(例は大阪市ですが各市にあります)
【創業支援型】【資格ノウハウ型】融資
利用できる方:創業に必要な経験・知識・資格等があり、かつ創業に関する具体的な計画を有し、大阪市内で新規に中小企業者として創業する方または創業して5年未満の中小企業者
融資限度額:1,250万円/2,500万円
融資期間:運転資金5年以内
       設備資金7年以内
・その他
府や県の開業支援融資も各種ありますので問い合わせましょう。
・国民金融公庫や信用保証協会、各種の金融機関で相談するとき、最初は実績が無いので、信用できそうに見せることも重要です。
・開業計画書を作成しましょう。店舗のコンセプト、資金内訳、売上ビジョン、利益ビジョン、今後の将来性、自分自身のプロフィールなどをしっかりとまとめ、説明しましょう。
・この開業計画書は、広告制作やオープン後のモチベーション維持に役立ちますので、是非作成してください。
・銀行・信用金庫は、金貸しが仕事です。信用さえあればお金を貸してくれます。仲良くしましょう。借りたものをきっちり返していけば、さらに信用が高まります。


B運転資金で気をつけること
・開業初期は売上もそこそこなのに、経費だけはどんどん必要になります。特に、固定費は売上が上がらなくても支払わなくてはならないものです。
・先ほども述べましたが、家賃は売上がまともに上がる前に2ヵ月分必要になります。
・スタッフを雇うのであれば、売上があってもなくても給料は発生します。
・その他、水道光熱費、電話代、新聞代、場合によっては市民税等の均等割の支払いなども発生します。
・さらに、国民健康保険料、国民年金保険料なども発生し、意外とお金が必要になってきます。
・最初の半年ぐらいは赤字覚悟で乗り切れる程度の運転資金=ゆとりのお金が必要です。
・だいたい、家賃の6ヵ月分ぐらいは考えておいたほうが安心です。
・内装は、内装業者が全体施工費を安く見せるため、リースを薦めてくることがあります。それは断ってください。
・原則は、イニシャルコスト(当初の投資)は手持ち資金で払ってしまうことです。こうするとランニングコスト(月々の出費)は低くなり、お店の運営が楽になります。
・また、リースにかけるということは、別の言い方をすれば、その対象物(内装であれ家具であれ)をローンを組んで買うのと一緒で、金利が発生します。
・たちが悪いことに、ローンと違うのはリースは全額支払い終わっても、所有権はリース会社のもので自分のものにならないということです。
・さらに、ローンの場合なら万一支払いに困ったらその物品を返せばまず解決しますが、リースの場合は物品を取られた上、残債を精算する義務が生じます。
・必要なものは現金で揃える、これが原則です。
・必要なものとは、コピー機や電話・FAXまで含めてのことです。
・家具類や什器類も、見積1回で納得しないで、六掛け位を目標に価格交渉してください。
・払えるイニシャルコストは現金で、しかし、現金出費は最小限に抑える。そして手持ち現金をなるべく多くして、開店後の運営に当てることが重要です。


独立開業大成功トップページ 成功する独立開業の立地 成功する独立開業の物件 成功する独立開業の店舗 成功する独立開業の集客新規顧客編 成功する独立開業の集客リピーター編 成功する独立開業の資金 成功する独立開業の経理 成功する独立開業の税務 運営者紹介 リンク サイトマップ

Copyright Ooban-koban.com All rights reserved